任意売却の方が競売より有利って本当?

通常、競売での落札価格は市場価格(相場)のおよそ60%~70%と言われています。
これは、明け渡しまで内部を閲覧できる不動産物件が少ないこと、立ち退きをめぐるトラブル等の発生する可能性が高く、購入するにあたり銀行ローンが付きにくいなどの理由から、落札者のリスクを考慮した結果であると言えます。

一方、任意売却の場合、仲介する不動産業者から対象物件についてしっかり説明を受けられる上に、内覧することもできます。ほぼ普通売却物件と同じ条件でのやりとりのため、競売のように極端に安い価格で売り出す必要はありません。

ただし、買主を早く見つけるためにも、相場より少し安めの価格設定にする必要はあるでしょう。ケースによっては、相場の1割~3割安になる可能性もあります。

それでも、競売落札価格より有利であることは間違いありません。

引越し代等を確保できる?

住宅ローンを滞納してしまった債務者なのに、任意売却をすれば、なぜ引越し代などの余剰金を出してくれるのでしょう?それは、競売の場合、いくらで落札されるかわからないため、売却したところで債権額を大きく下回ってしまうことが理由として挙げられます。

よって、債権者の多くは、競売で売却するよりも、市場(相場)に近い価格で売却できる可能性の高い任意売却に、少なからず期待を寄せているため、引っ越し費用を提供することにも異議を唱えないのです。

任意売却の場合、債権者との交渉次第では売買価格の中から引越し代を捻出できる可能性があるということになります。

競売ではこうした駆け引きは一切できません。ただし、任意売却物件の全てにおいて必ずしも余剰金がもらえるという保証はありません。あくまでも債権者との交渉次第であることをご承知おきください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする