任意売却の基礎知識Ⅰ

1. 任意売却とは
住宅ローンや借入金等の返済が難しくなった場合、債権者(金融機関等)は抵当権の実行      により債権(住宅ローン)を回収することになりますが、競売により不動産を売却し現金化 するには 相当な時間がかかるうえ、市場価格(時価)より安くなるケースが多くなります。そこで、不動産会社の仲介により債権者・債務者の調整を行い、市場で当該不動産を売却する方法をいいます。

2. 任意売却を検討するとよい人
『リストラ・病気などのため、返済が滞りそう』
『住宅ローンの支払いが遅れてしまっている』
『離職や転職で給料が下がってしまった』
『収入の道が見えなくなってきた』
『借金がかさみ自己破産を考えている』

3.任意売却を成立させるための要件
①債権者(銀行等)の合意を得ていること。
任意売却は、債権者への一括返済を行うためのものであるため、債権者の合意なしで             は成立しません。

②税金の滞納等で物件が差押さえられていないこと。
固定資産税や国民健康保険料などに多額の滞納がないことも要件になります。

③売却活動に要する時間が十分に確保されていること
住宅ローンの返済が困難になってしまうことが確実になるようでしたら、早めに決断             された方が有利な条件で売却できる可能性が高まります。

④市場価値のある物件であること
市場での取引に耐えうる物件であること。任意売却物件の引き渡しは、そのままの
状態での引き渡し、いわゆる『現状有姿渡し』での引き渡しになります。
例えば『ごみ屋敷』などは難しいといわざるを得ません。

⑤共有者の同意が得られていること
共有での購入物件であれば、その共有名義人の同意が必要です。

⑥連帯保証人の同意が得られていること
住宅ローン契約について、連帯保証人が存在する場合には、その連帯保証人の同意
が必要です。

⑦一定額以上の管理費・修繕積立金の滞納がないこと
任意売却の対象物件がマンションの場合、管理費や修繕積立金に一定額以上の滞
納がないこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする