住宅ローン以外に借金があっても任意売却は可能?

住宅ローン以外に借金があっても任意売却は可能です。いわゆる多重債務者であっても可能です。ただし、住宅ローン以外の借金があると、任意売却後の残債返済に支障きたす恐れがありますので、住宅ローン以外の借金も整理しておいた方が賢明でしょう。

住宅ローン以外の借金については、基本的には債務整理という別の手段を用いて処理することになります。

住宅ローン滞納による競売を回避するのが任意売却、多重債務(住宅ローン以外の借金)を
処理するのが債務整理ということになります。

任意売却とブラックリスト
そもそも、ブラックリストというリスト自体は存在しません。ただ、住宅ローンを3ヶ月ほど滞納すると、個人信用情報に載ることになります。

任意売却においては、一定期間のローン滞納が手続き上必要となります。任意売却をお考えの方には、ご理解をいただくようにしています。

信用情報に登録されると、クレジットカードが使えない(作れない)、新たにローンが組めないなどの制限がかかりますが、生活に大きな支障を来すものではありません。

固定資産税を滞納している場合
各種税金を滞納すると、差し押さえが付くことになります。任意売却を可能にするためには、自治体に対し差し押さえ登記の抹消が必須です。

できれば、自宅を差し押さえられる前に速やかに役所に行き、現在の収入や生活状況から一定額が支払えない事情を説明し、たとえ数千円でも分割払いで毎月支払っていく意思があることをアピールしましょう。

少しずつでも納付することで、差し押さえを回避しておくことが重要です。

任意売却後に残ってしまった債務(残債)
任意売却した後の残債は、基本的には、一括返済若しくは分割といった方法で、返済する必要(義務)があります。その返済額や返済方法については、債権者(金融機関等)との話し合いになります。

ただし、債務(借金)を減額してくれることもある上に、債務者に負担のかからない金額(月額数千円~数万円まで)での分割返済で落ち着くケースも多くあります。
債務が軽減される可能性は高いと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする